NISA、つみてたNISAどちらを選べばいいのか

つみたてニーサライフスタイル
つみたてニーサ

NISA、つみてたNISAどちらを選べばいいのかを今回は紹介してきます。
確信から言ってしまうと、ウォーレンバフェット氏は、資産形成の王道は、長期投資して複利効果を狙うこと、つまり、「ゆっくり金持ちになることですよ」って、身をもって証明しています。
長期的な目線で投資は考えたときにはメリットが大きいと私自身も考えていますので、つみてたNISAを選んでいます。

どちらかと言えば何ですが、それぞれんみメリットやデメリットがあるんで、それぞれを理解した上で、ご自身にもっとも適しているものを選んでいただく資料にしていただけたらと思いますのでよろしくお願いします。

 

NISAってなに

 通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。

 NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

イギリスのISA(Individual Savings Account=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版ISAとして、NISA(ニーサ・Nippon Individual Savings Account)という愛称がついています。

引用:金融庁


NISAの種類

NISA

 2014年1月にスタートした、個人投資家のための税制優遇制度です。NISAでは毎年120万円の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

つみたてNISA

特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
 購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

ジュニアNISA

 2016年度から始まった未成年者を対象とした少額投資非課税制度です。
 未成年者(0~19歳)を対象に、年間80万円分の非課税投資枠が設定され、株式・投資信託等の配当・譲渡益等が非課税対象となります。

NISA、つみたてNISAなにが違うのか

1、期間の違い

NISAは5年に対して、つみたてNISAは20年です。
NISA
5年×120万=600万円
つみたてNISA
20年×40万円=800万円

運用益が非課税になります。通常は20%程度が0%!!
これは大きいです。

2、投資先の種類

NISAは国内外の個別株・ETF・REIT、および投信信託
つみたてNISAは金融庁の認める投資信託・ETFのみ

長期的な投資を考えてる人はどちらがいいかといえば、非課税期間の長いつみてたNISAがオススメ!!
・年間40万円
・非課税期間20年

オススメ証券会社

 私自身はSBI証券と楽天証券を利用しています。

 SBI証券は何となくはじめた投資で一番有名な証券会社でしたので活用しています。

 楽天証券は楽天市場や楽天銀行などを活用してい人などはポイントアップにつながりますのでお得です。

 この2つの証券会社については次の機会にご紹介させていただきます。




まとめ

 この記事はあくまで私自身の考え方も入っていますので、最終的な判断と責任は読者自身でお願いします。また、NISAやつみたてNISAをするときは証券会社の注意事項を自身で確認してくださいね。

一番ダメなことは、下がったときに焦らないということです。短期的には下がったりも必ずします。

ずっと上がることが確定されていれば、ずべての人が買うはずです。

短期的には下がっていても、長期的には滑らかにあがっていればそれでいいものなのです。

 一番大切なことは、日々の暮らしです。日々の暮らしもままならないのに、未来のお金のために苦しむのは少し違うかもしれません。切り詰めるなどは大切なことですが、切り詰めすぎて苦しさになるようであれば、投資はやめたほうがましです。

 まずは生活資金の見直しをした上で、NISAにしてもつみたてNISAでも非課税枠を最大に生かして資金運用から利益を得ることが一番重要です。

ジュニアNISAで絶対に忘れてはいけないこと

オススメ本を紹介!!要約で変わりやすく解説

読書を通じて人生を豊かにするサイト

四の五の言わずに読書 

コメント

タイトルとURLをコピーしました