【ビズネス本】行動経済学が漫画で学べるのはこれがオススメ

3.5
行動経済学まんがライフスタイル
行動経済学まんが
スポンサーリンク

経済学の基本は需要と供給ですよね。

しかし、実際は人の欲望や心理なんかが需要と供給に大きな影響をもたらすと言われています。それを加えた経済学が行動経済学!!

難しい本もたくさんありますが、基本的なことはこの『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』を読めば理解できますのでオススメです。

本のタイトル『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』

 経済学を研究していたときにふと、目についた行動経済よくわからないことが多いので、とりあえず、わかりやすそうな本を手に取ったのがこれ。

 実際にこの本には、プロスペクト理論、おとり効果、ハロー効果、ハーディング現象などを日常生活に起こりうるこの現象をわかりやすく漫画にしている。

 その漫画の後に少し詳細情報が書かれているものである。

 実際に読んだ感想は、文字でなんとなくつかんでいた事が、日常生活の漫画を読むことでなるほどなって感じなった。

 この本を読んでから、また紹介するが、買ったままにしていた「実践行動経済学」を読むことができた。

 伝統的な経済学には、人間は合理的であるとい前提がああるのに対して、人間はホモ・エコノミクスではないとうことが前提にある。

 これから行動経済学をなんとなく知りたいという方にはぜひ手に取っていただきたい。

 しかし、内容に満足するかではなく、あくまでキッカケとしてであり、すでに研究されている方には需要曲線がどうとか、経済学の数式でどうこう説明しているところはないため物足りないのかもしれない。

 私は、これを買ってよかったと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました