家のプール 厳選紹介【必見】

家のプール 厳選紹介【必見】ライフスタイル

最近は地球温暖化なんかで、私が子どものころに比べてもが尋常じゃないくらいに暑いですね。

暑いという感じよりも熱いって書いたほうがいいくらいです。

熱中症対策に水分補給なんかは絶対的なことですが、まずは楽しく涼しくなりたいですよね。

そこで今回は家でプールをしてみた結果からわかったことを厳選紹介していきたいと思います。

プールについて


家でプールをするときに確認しなければいけないことは、庭の大きさや敷地の大きさですよね。この大きさに応じたプールを買う必要があります。

大きければ大きいほど子どもは喜びます。水道代に関しては電気代のように上がらない工夫が必要です。


私は、220×150×60サイズのプールを買いました

サイズは子ども三人で十分遊べるサイズでした。

水道代について


200リットルで21円程度であるために、私の購入したプールであれば、

1600リットルで168円です。

しかしこれをプール事に168円であれば真夏の8月に毎日であれば、

168円×20日=3,360円

は高いですよね。

しかもプールの水をためるのは結構時間かかります。

1600リットルためるのにも3時間から4時間かかりました。

節水について


節水するためには必要なものを紹介します。

塩素


これは、子供のころプールにはいったときのにおいの正体は塩素です。

この塩素を投入することで水質を保つことができます。しかし塩素はたくさん入れたら
いいものではないので、しっかりと測定をしてください。


入れすぎると、肌が荒れる可能性があるのでしっかりと測定をしましょう。

循環ろ過機


プールに入る前と入った後では、髪の毛やよだれなんかでプールの水が汚れ
います。

これをしっかりとフィルターで取り除いて水質を保たないとカビが生えたり、ヌメっとした水になってしまいます。

ちなみに、お金があれば毎回抜いて新しい水を入れればいいんですが、水道代の問題と水を抜いたあとにしっかり管理していないとカビが生えてしますんです。

それなら水を入れてしっかり水質管理をしたほうが綺麗です。

まとめ


夏にプールに行くのもいいんですが人が多いとイモ洗いのような浸かるだけのプールになることもあります。

この夏は自宅でプールを設置してみてはどうですかね。

思っているよりもプールと塩素など合計で20,000円程度と安価に設置できたようなイメージですので是非試してみてくださいね。

オススメ記事

もとっぱらキャンプ場」に行った件 【気になる情報特集】

オススメ本を紹介!!要約で変わりやすく解説

読書を通じて人生を豊かにするサイト

四の五の言わずに読書 

コメント

タイトルとURLをコピーしました