キャンプ始めるとき必需品!!再確認!!

キャンプライフスタイル
キャンプ
スポンサーリンク

すべてをコンプリートを目指してしまいがち

 キャンプを始めるときに、全てをそろえてないといけないという妄想がわいてきいます。アマゾンなんかでいろんなもの探しまくっている時ってとてもいい時間ですよね。よりいいものをより安く揃えたくなるのはみんなの願いです。

 しかし、はじめからいろいろなギアを全て揃える必要はないと思います。車でいくのであれば、車に乗り切るかってのも大きな問題となります。必要なものを必要なだけ持って行って楽しいキャンプになるのがベストだと思います

絶対必要なものはこれ

1、テント

 これがないとはじまりません。テントがあることでキャンプがシマリます。

 しかし、あまりに大きいテントやすごく複雑なテントは特に家族でいくと慣れないうちは夫婦で喧嘩になる場合があります。

 せっかくキャンプ場にきて、3時間テント設営にかかっていたら、そのあと何もするきにもなりません。

●テントを選ぶときの大切なポイント

 「4人~5人用」のテントであれば荷物もあるし3人~4人で使うて感じで考えたほうがいいです。あとは価格ですが、お金を出せば出すほどいいものが買えますが、いいものだからって楽しいかは別の話なんでキャンプで何がしたいのかを考えて買うのがおすすめ!私は基本的に寝るだけ。それ以外はタープ焚き火、ビールを楽しむなどなどです。

 個人的におすすめのテントを紹介します。

●ドームテント

 ドームテントは軽量さと収納時のコンパクトさから主流となっているタイプのテントです。これはおすすめです。簡単です。しかしよくあるスタンダードなテントなんでプラスタープが必要です。コールマンやスノーピークなんかでセットの商品も売ってます。

●ツールームテント

 ドームテントの外幕を延長し、リビングスペースも確保したのがツールームテント、またはロッジドームテントとも呼ばれるモデルです。これも簡単です。キャンプする人数によってリビングスペースが小さい感じもしますのでタープ別にあるほうがいいかも

 大きくなればなるほど特殊なタイプが多いです。設営も時間かかりますが、なんかおしゃれなキャンプなんかはこれを使っている人が多いような気がします。

●ティピーテント

 中央を1本のポールで支える円錐型テントとのこと。インディアンテントやモノポールテントとも呼ばれています。
 とてもとても簡単で一人でもスイスイ立てられます。慣れればあっという間に立て終わります。個人的なおすすめ度は一番です。物によっては個性的なテントにもなります。



 Qaouはフランスマルセイユ発のアウトドアブランドです。
 1.たった2.9Kgの6-in-1多機能アウトドアギアセット
 2.様々なアクティビティに対応
 3.高い耐久性
 4.何個でも連結可能
 5.環境に優しい素材
1つのテントで、ハンモックやタープなど6つの機能があります。 また、幾つも連結して使うことができるので、 ソロキャンプから家族まで人数に合わせて利用できます。 また、ペットボトルなど廃棄プラスチックから原料を使用し、 かつ染料不使用と環境に配慮した素材にこだわって作られたアウトドアギアです。

2、寝袋 シェラフ

寝る時に必要です。シュラフを選ぶ際は、まず「快適温度」をチェックしましょう。快適温度は文字通り、そのシュラフを使って快適に眠ることができる温度のこと。3シーズン用シュラフでは5度~10度が目安となります。
 寝る時は場所によりますが、昼間が嘘のように寒いときがありますので必ず必要です。暑い分より寒さは耐えれない。

 これはねごごち最高です。下にひくマットはいります。



WAQは日本発のアウトドア総合ブランド
幅広い層に向けて使いやすくデザイン性の高いアウトドアギアを展開中
今後も新商品が続々とリリース予定! 今大注目のブランドです!

3、椅子

 これもキャンプで地べたに座るのはね、、キャンプチェアーは安いのから高いものまでありますが、私自身はちょっとお金をだしでいいものかったほうがめちゃくちゃ楽!!
 結果的にイニシャルコストはかかるが、ランニングコストで考えれば、安いものを買い換えるくらいならいいものを買って長くつかったほうが経済的です。キャンプに行かなくても家でバーベキューでも使えるしね。

 このスノーピークは高いですが、買ってよかったです。なんていってもかっこいいし座りごごちがいいです。

 これ最近人気らしいですね

 小さいのが一つ二つあってもいいかもしれません。私も二つもってます。

4、焚き火台

 キャンプといえば焚き火です。軽いのがおすすめですが、いろんな焚き火台がありますんで紹介します。

スノーピークは高いですが、軽いしセッティングがかなり楽!!これはおすすめです。!!間違いはありません。



ZEN Campsのギアはソロキャンパー達によってキャンプをより便利に楽しくする目線で企画、開発されています。 品質管理も日本で行なっておりユーザを満足させることに拘っています。

 これもつかってます!!あみなんで大丈夫かと思ったんですが、収納が少ないので購入してつかったてますね。

5、ランタン

 夜になれば焚き火とランタンです。大きくわけて3つの種類のランタンがありそれぞれに特徴があります。

LED(電池式)ランタン

 キャンパーでもキャンプに必ず一つは持っていきたいのが電池式のLEDランタンです!テント内でも使える唯一のランタンです。欠点は、燃焼系のランタンよりも光量が小さいってことですがテーブルやテントの中では十分です。あと値段がダントツ安いです。雰囲気はほかのにおとります。

長所

・テント内で使用できる

・価格が安い

・緊急時

・スマホの充電ができるものがある。

短所

・光量が小さいものがおおい

 机に一台あるといいです。テントの中での光はスマホではちょっと心配です。

 これは買ってよかったライト!!特にトイレに行く時は真っ暗ですので両手を使えるこのギアは役に立ちます

ガスランタン

 ガスランタンの最大の特徴は、ガスという燃料です!1万円くらいで光がめちぇくちゃ明るいです。

長所

・光量が大きい

・燃料を他の商品と兼用できる

・価格は一万円くらい

短所

・テント内では使用不可

・燃焼時間が短い

 ガスを買うことになりますが、だれでも使えます!!私ガスです。まだガソリンには至ってません。そろそろ買おうかと、、、

ガソリンランタン

 長く使うためには使用後のメンテナンスも重要なため、初心者の一つ目のランタンとしてはおすすめしませんが、これをほしくなって購入すれば玄人キャンパーの仲間入りかもしれません。これが楽しめるってことはキャンプが好きってことかもですね!

長所

・光量が大きい

・燃焼時間が長い

・慣れればメンテナンスの作業を楽しめる

短所

・テント内では使用不可

・高価

・メンテナンスが不可欠

 憧れというか、これをもったらなんかキャンプの醍醐味が上がる気がします。

欲を言えば、、、

 キャンプギアを揃えたことで満足していまって、実は、キャンプに向いてないってこともあり得ます、、、なんでクーラーないんだーとか虫がいやとかいろいろなことがあるますんで、一回知り合いでキャンプに行っている人に連れてってもらうのがベストですね。それで自分キャンプ好きってなれば、キャンプギアを揃えていくのは絶対ありです。

初めてのときはBBQってなります。

 なんかね、おきまりのようにBBQって感じになるのもありですが、実は、自然の中でカップラーメン食べてもとてもおいしいんです。実際にやってみてください。缶詰なんかもいけます。凝った料理もおいしいんですが缶詰はうまいものしかないというか、プロの味が缶の中につまってます。

 とりあえず、この下キャンプ調理セットがあれば、全てまかなえますし、あっても困るものはないですね。しかもケースまであるんで収納サイズと中身が一致しているのはキャンプをする上で結構ポイント高いです。

まとめ

 この1から5があればとりあえず世間でよくみるキャンプは成立します。

 食材はその日に買いに行くのは大変な時がありますので、コープで買っておくのがオススメです。時間があるときにゆっくり選べるし水なんか重いものも家まで届けてくれるありがたい!!
 週に1回、ご自宅まで安全・安心に配慮した商品をお届けしている生協の宅配サービスです。食料品や衣料品・雑貨まで、暮らしに役立つ商品を取りそろえていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました