【編集の4つの原則】知っていると知らないのでは大きな差が出ること間違いなし!仕事も人生も今よりクリアになる方法とは!!

編集の4つのスキルライフスタイル
編集の4つのスキル

 編集の4つの原則をしっておけば、人生は今よりクリアになります。今回は編集の4つの原則を紹介しますので、ぜひ参考にしててください。

1、 削除する

 編集の基本はあいまいでわかりにくい要素を排除し、観客や読者の混乱を防ぐこと。うまく編集された本などはすんなりと頭に入ってくるものです。

 何かを決めるとき、選択肢を増やしたほうが安心であると考えるものである。

 しかし、決断の本質は、選択肢を減らすことである。

 つまり、よけいな選択肢を断ち切れば、スムーズに決断できる。かなり魅力的な選択肢であったとしても、混乱を招く恐れのあるものは断ち切った方がよい。

2、 凝縮する

 すぐれた編集者は、言葉を減らすことにこだわり抜く。この2文を1文にもとめられないか。2語を1語に言えないか。

有名な言葉はある

「すいません、もっと時間があれば、もっと短い文章をかけたのですが」

 数々の有名な書籍を手掛けた編集者アラン・D・ウィリアムズは、編集とは何かということにたいして次のように答えている。

「編集者が著者に尋ねるべき基本的質問が2つある。
 1つは言いたいことを言えているか、2つ名は偉いたことを最大限明確かつ簡潔にいえているか」言葉を凝縮するとはつまり、言いたいことを最大限明確にし簡潔にいうことなのである。

凝縮も目的は一度に多くのことをやることではない。

無駄を減らすことである。

より少ない言葉でアイデアを伝える。

より少ない努力で大きな成果をだす。

つまり、人生を凝縮するということは、結果に対する行動比率を減らすということである。

そのためには、いくつもの無意味な行動はやめて、重要な行動に置き換えればいい。
 

3、 修正する

 間違いを直すのも大切な編集の仕事である。

 単純な文法も間違いもあれば、論旨の構成に欠陥がある場合もある。こうした修正を正しく行うためには、文章などの全体的な狙いを明確に把握していくことが不可欠である。

 仕事や生き方においても、自分自身の本質的な目標を明確にしておけば、それ合わせて行動を修正できる。自分自身の行動はしっかりと目標にむかっているのか、もし向かっていないのであれば、正しく修正することをすればいいだけである。

4、抑制する


 優れた編集者は、作品に手を入れ過ぎない。

 何もしないほうがいいこともあることを知っているのである。これは、編集が見えなアートと呼ばれるもう一つにお理由である。
なんでもかんでも手術する医者が名医ではないのと同じように、自分を抑制し本当に必要な時しか手を出さないのである。

 これをしっておくと、反射的に手をだすのをやめて、何もしないことを選ぶのである。
 例えば
 社内チャットなどでぐ議論が起こっているときに反射的にボタンを押さない。余計な口を出さない。

 まずは立ち止まって様子をみる。

 そうすれば、全体の流れがクリアになっていくものである。 

まとめ

 なんでもかんでも手をだして、こまったら編集すればいいと考える。編集のタイミングが遅れると本末転倒で不本意な削除を選ぶことになるかもしれない。最善の結果を得るためには。4つの編集原則に即して、こまめに行動を振り返り、小さな編集をつみかさねたほうがいいのである。
 日常生活においても、「削除」「凝縮」「修正」を日々の習慣にすることをオススメする。

【幸せとは?お金とは?】宝くじに当たったら、人は幸せになるか?

四の五の言わずに読書 読書を通じて人生を豊かにするサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました