寝てもすっきりしない、逆に疲れる人必見!「マットレスの選び方」

快眠 寝心地 マットレス
  • URLをコピーしました!

 疲れた日々を過ごした後、心地よいベッドでゆっくりと休むことは、何物にも代えがたい贅沢な時間です。

 しかし、快適な睡眠を妨げる要因として、マットレスが挙げられます。

 適切なマットレス選びができれば、腰痛や肩こりなどの症状を軽減することができ、疲れにくい体にも導いてくれます。

 本記事では、「寝心地のいいマットレスの選び方」について、マットレスの素材の種類や硬さ、サイズの選び方などについて解説します。

 ぜひこの記事を参考にして、快適な睡眠を手に入れましょう。

目次

はじめに

マットレスについて
マットレスについて

マットレスの重要性

 良質な睡眠は、心身の健康維持に欠かせないものです。

 そのため、適切なマットレスを選ぶことは非常に重要です。マットレスは、寝姿勢を支えるために必要なサポートを提供し、身体にかかる負荷を分散させる役割を果たしています。適切な硬さを選ぶことはもちろん、マットレスの素材にも注目することが大切です。

 低反発ウレタンやポケットコイルなど、適切な素材を選ぶことで、身体のカーブに合わせた適切なサポートを提供し、快適な睡眠をサポートしてくれます。また、マットレスの選び方によっては、腰痛や肩こりなどの不快な症状を改善することも可能です。

寝心地のいいマットレス」について

 快適な睡眠を得るためには、寝心地のいいマットレスを選ぶことが重要です。

 適切な硬さや素材、機能性に加え、個人の好みや睡眠習慣にも注目することが大切です。通気性の良いマットレスを選ぶことで、暑さによる睡眠の妨げを減らすこともできます。

寝心地の良いマットレスを選ぼう!

生活に合わせたマットレス選び
生活に合わせたマットレス選び

寝姿勢に合わせた硬さを選ぶ

 快適な睡眠を得るためには、寝姿勢に合わせた適切な硬さのマットレスを選ぶことが重要です。
 寝姿勢によって、体への負担が異なってきます。例えば、横向き寝の場合は、肩や腰に負担がかかります。この場合には、肩や腰をしっかりと支えてくれる適切な硬さのマットレスを選ぶことが大切です。また、仰向け寝やうつ伏せ寝の場合には、背骨をしっかりと支えてくれる硬めのマットレスが適しています。

マットレスの素材の種類

 様々な素材が使用されるマットレスですが、その素材によって寝心地や保温性、通気性、耐久性などが異なります。以下、代表的な素材の特徴を紹介します。

ポケットコイル
スプリングが独立しているため、体圧分散性に優れ、寝心地が良いとされています。また、通気性が高く、ムレにくいのも特徴です。


ZINUS ポケットコイル マットレス シングル 厚さ 33cm Euro Box Top コイル数450個 抗菌 防臭 通気性 体圧分散 高密度フォーム 硬め ユーロトップ 高耐久 | 圧縮梱包 ベッド ジヌス | 日本正規品 SC-EBT

ボンネルコイル
スプリングが連結されているため、ポケットコイルに比べると体圧分散性は劣りますが、反発性が高く、体を支える力が強いため、腰痛持ちの方に適しています。


タンスのゲン マットレス シングル 厚み17cm 高密度 352個 ボンネルコイル 硬め ベッドマット 通気性 ホワイト 17800009 01 (72473)

ラテックス
天然のゴムから作られた素材で、耐久性が高く、長く使えるとされています。また、体にフィットするため、寝姿勢をサポートし、疲れにくい寝心地を実現します。


ピュアグリーン天然ラテックスマットレス – 硬め – ツイン (GOTS認定オーガニック)

メモリフォーム
体温や体圧で形状が変わる素材で、体にフィットするため、体圧分散性に優れ、寝姿勢を補正します。また、柔らかく、寝心地が良いとされています。


Amazonベーシック マットレス メモリーフォーム セミダブル 厚さ15cm

それぞれの素材に特徴があり、好みや体調に合わせて選ぶことが大切です。

サイズの選び方

サイズの選び方

 マットレスを選ぶ際には、自分のベッドのサイズに合わせて選ぶことが重要です。以下は、マットレスのサイズの選び方ごとに詳しく解説します。

・シングルサイズ
シングルサイズは一人用のサイズで、幅は約90cm、長さは約195cmが一般的です。小さな部屋にも置けるので、学生や単身者に人気があります。また、価格も他のサイズに比べて安く抑えられるのも魅力です。

・セミダブルサイズ
セミダブルサイズは、幅が約120cm、長さが約195cmです。一人暮らしの方にも使いやすく、カップルでも寝心地が良いと人気があります。ベッドのサイズに合わせて選ぶことが大切です。

・ダブルサイズ
ダブルサイズは、幅が約140cm、長さが約195cmです。広めの部屋に置くことができるので、カップルやファミリーにも人気があります。しかし、ベッドルームのサイズによっては大きすぎる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

・クイーンサイズ
クイーンサイズは、幅が約160cm、長さが約195cmです。広い寝室に置くことができ、カップルで使っても寝返りを打ちやすいのが魅力です。しかし、大きさがあるため、部屋のサイズに合わせて選ぶことが重要です。

・キングサイズ
キングサイズは、幅が約180cm、長さが約195cm以上あります。非常に大きなサイズなので、広いベッドルームに置くことが必要です。カップルで使用する場合は、寝返りを打ちやすいため快適な寝心地を提供します。ただし、価格が高くなるので注意が必要です。

快眠マットレスおすすめ3選!

快眠マットレスおすすめ3選
快眠マットレスおすすめ3選

快眠マットレスおすすめランキング

 快眠のためには、適切なマットレスを選ぶことが大切です。ここでは、3つの人気ブランド、ネル、コアラ、そしてニトリのマットレスを紹介します。

【NELL マットレス】

NELLのマットレスは、高反発のウレタンフォームを使用しており、寝心地が非常に良いと評判です。また、体圧分散機能も優れており、寝返りがしやすいのも特徴です。さらに、通気性が良いため、暑い季節でも快適に眠ることができます。

▽商品価格(税込)
シングル:75,000円
セミダブル:90,000円
ダブル  :105,000円
クイーン :130,000円
キング  :150,000円



私はNELLのマットレスにしています。

“寝返り“を科学したコイル構造で、腰痛や肩こりを軽減する【NELL マットレス】

あわせて読みたい
NELLマットレスの効果とは?驚きの快眠を実感! 【快適な睡眠を実現するNELLマットレスの選び方】 マットレスは行くあてのない旅のよう、、、  私がマットレスを選ぶときに重要視した点は以下の3つです。 寝つきの良...

koalaのマットレス

コアラのマットレスは、快適な寝心地を提供するために開発された次世代型のマットレスです。その特徴は、最先端の技術を使用した多層構造にあります。高密度のマットレスが身体をサポートし、自然な寝姿勢を保ちます。また、通気性が良いので、熱を逃がして快適に眠れます。

エムリリーマットレス

独自の3D設計技術により、体圧分散性に優れ、快適な寝心地を提供しています。また、素材にはオーガニックコットンや天然ラテックスなどを使用し、安心・安全な睡眠環境を提供しています。豊富なサイズや硬さのバリエーションもあるため、自分に合ったマットレスを選ぶことができます。

寝心地の良いマットレスを選んで寝心地を改善しよう

寝心地を改善
寝心地を改善

寝心地の良いマットレスで腰痛を改善

 腰痛は多くの人が経験する問題の一つであり、その原因は様々です。

 しかし、睡眠中に体を支えるマットレスの選択は腰痛改善に大きな影響を与えることが知られています。

 寝心地の良いマットレスを選ぶことで、腰痛を軽減することができます。

 腰痛改善に適したマットレスは、腰をしっかりと支えることができるものが良いとされています。

 低反発素材やポケットコイルが採用されたマットレスは、腰にかかる負担を軽減し、自然な寝姿勢をサポートするために開発されました。

 また、硬さも重要で、硬すぎず、柔らかすぎない程度の適度な硬さがあるマットレスがおすすめです。

 例えば、NELLのマットレスは、高反発ウレタンフォームと低反発ウレタンフォームを組み合わせたダブル構造で、腰にかかる負担を分散し、適切なサポートを提供します。また、ウレタンフォーム自体が体圧を分散するため、腰にかかる負担を軽減することができます。

 さらに、NELLのマットレスは、通気性が良く、ムレにくいため、快適な寝心地を提供します。また、抗菌・防臭機能も備えているため、清潔な寝環境を維持することができます。

 NELLのマットレスは、腰痛改善に効果的なだけでなく、寝心地の良さも抜群です。

寝心地の良いマットレスで疲れにくい体に

快適な睡眠を手軽に実現するためには、寝心地の良いマットレス選びが重要です。寝心地が良いマットレスは、体圧分散機能や通気性などが優れており、体に負担をかけずに快適に眠ることができます。

 特に疲れやすい体にとっては、寝心地の良いマットレスが必要不可欠です。

 疲れが残ったまま寝てしまうと、翌日の仕事や生活に支障が出ることもあります。そのため、疲れをしっかりとリセットし、健康的な睡眠を得ることが大切です。

 NELLのマットレスは、高密度のウレタンフォームを採用しており、体に合わせて適切な体圧分散ができます。また、独自の3D構造が通気性を高め、快適な寝心地を実現します。疲れが残った体でもNELLのマットレスで快適な睡眠を手軽に実現し、翌日の活力につなげることができます。

寝心地の良いマットレスで快適な睡眠を手に入れよう

 寝心地の良いマットレスを選ぶことは、より質の高い睡眠を手に入れるために重要です。

 快適な寝心地は、熟睡できることや疲れにくい体になることにつながります。


 分に合った硬さや素材を選ぶことが大切
 硬すぎると体に負担がかかり、柔らかすぎると腰痛を引き起こす可能性があります。また、素材も重要です。通気性が良く、吸湿性に優れた素材は、汗をかきやすい人にとって特に重要です。

 体重や寝返りのしやすさなど、自分の体型や寝相に合わせたサイズを選ぶことも大切
 寝返りがしやすく、体圧分散性に優れたポケットコイルマットレスもおすすめです。

 
 最近では、スマートフォンと連動して体の状態を測定し、自動で寝姿勢を調整してくれるマットレスも登場しています。

 快適な睡眠を手軽に手に入れたい方には、こうした機能が付いたマットレスも一考の価値があるかもしれません。

 

まとめ

まとめ
まとめ

寝心地のいいマットレスを選ぶことの重要性

 寝心地の良いマットレスを選ぶことは、良質な睡眠を得る上で非常に重要です。


 マットレスの硬さや素材、サイズなどが寝姿勢や体調に合わない場合、腰痛や肩こり、疲れやすさなどの問題が起こります。

 しかし、寝心地に合ったマットレスを選ぶことで、適切なサポートを受け、快適な睡眠を手に入れることができます。

 NELLのマットレスをはじめとした、優れた素材や構造を採用したマットレスを選ぶことで、身体にかかる負担を軽減し、寝姿勢を改善することができます。

 その結果、疲れにくい体や健康的な睡眠を手に入れ、日々の生活に充実感を与えることができます。


“寝返り“を科学したコイル構造で、腰痛や肩こりを軽減する【NELL マットレス】

おすすめの寝心地の良いマットレスを再確認する

 寝心地の良いマットレスは、快適な睡眠を手に入れるために欠かせないアイテムです。適切な硬さ、素材、サイズを選ぶことが大切であり、腰痛や疲れにくい体にも効果があります。
 今回は、NELLのマットレス、koalaのマットレス、エムリリーマットレスを紹介しました。


 これらのマットレスは、それぞれ特徴があり、寝心地の良さを追求しているため、再度チェックしておすすめのマットレスを選びましょう。

寝心地のいい布団の選び方も知っておこう

 マットレスの選び方について詳しく紹介しましたが、快適な睡眠環境を整えるためには、布団の選び方も重要です。
 布団も体型や寝姿勢に合わせた適切なものを選ぶことが必要です。

 また、季節に合わせた素材の選択や通気性の確保などもポイントです。布団はマットレスと同じく、睡眠の質に大きな影響を与えます。より快適な睡眠を手に入れるためには、マットレスと布団の両方を適切に選ぶことが重要です。

催眠の質をよりあげるには、、、詳しくはこちら

あわせて読みたい
NELLマットレスの効果とは?驚きの快眠を実感! 【快適な睡眠を実現するNELLマットレスの選び方】 マットレスは行くあてのない旅のよう、、、  私がマットレスを選ぶときに重要視した点は以下の3つです。 寝つきの良...
関連記事 ストレス対策 CBD
快眠 寝心地 マットレス

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次