ハウスメーカー・工務店 迷わない、後悔しない家づくり 

家づくりライフスタイル
家づくり
スポンサーリンク

 家を建てるのって、一生に一度くらいの人が一番多いと思います。そこで、大金をはたいて買うものですので、後悔をしたくないですよね。そこで今回は、家を建てるときに一番最初の難関である、どこで建てるのが一番いいのかをまとめましたのでよかったら参考にしてください。



■ハウスメーカーと工務店の違いとは?



 家が建つという意味でも最終的には同じです。ハウスメーカーと工務店の違いはそのプロセスの違いなんです。
 また、ハウスメーカーは大規模な会社も多くCMとかでもよく見かける企業、逆に工務店は町の大工さんのイメージで地域密着型の会社が多いのも違いのひとつです。
 ハウスメーカーはハウスメーカーのカタログからデザインや設備を選び必要に応じてカスタム。工務店はどんな家にしたいのかを聞き取っていただいた後、設計士さんが設計図を作ります。
 それぞれがどう違うか。

ハウスメーカー

 ハウスメーカーとは全国規模で展開しているような大きな会社を指し、全国に支社や支店があり、対応エリアが広いのが特徴です。
 国内のある一定の地域を中心とする中堅ハウスメーカーもあります。
 それぞれの会社が構造や工法に得意分野をもってたり、免震構造や耐震構造の独自の技術をもっていたりして他社との差別化を図っています。
 主な住宅の部材は工場で生産し、決められた工法・手順で建築するなど、仕様や規格が統一化されシステム化されているので短期間での建築が可能です。
 また商品やサービスも安定した経営基盤でアフターフォローも充実しているので安心感があります。さらに住宅展示場でモデルハウスを実際の家を見学することができるのでイメージもしやすいのがいい点です。
 モデルハウスはどれも豪華ですがね。

ハウスメーカーにはメリット・デメリット

メリットとしては、
住宅展示場がある。なんか皿とかもらえます。
・パンフレット資料が充実しているので構造、工法、仕様がわかりやすい
・会社規模が大きいところが多く、一定水準の品質を確保できるため安心できる
土地や住宅ローンの相談がしやすい
・営業・現場などの部署に分かれているので対応が早い

デメリット
・いい担当だとおもっていたのに担当が代わる
・工務店より割高な場合がある
・システム化されているため急な間取りなどの変更が難しい場合がある。

工務店

 工務店とは工事全体に責任を持ち、工事に関わる職人の手配や管理をする業者であり、地域密着型で営業を行なっている会社が多いです。
 工務店といえばまちの大工さんをイメージするかもしれませんが、昔ながらの小さな工務店の他にも、規模が大きく着工棟数の多い工務店、フランチャイズ加盟店の工務店などもあります。
 基本的には地域密着型で営業しています。
 住宅展示場等でのモデルハウスを公開しないで、代わりに顧客の完成見学会イベントなどで実物の住宅を体感できることこともあります。
 自由設計が基本で、顧客が建てたい家を聞き取りして木造軸組工法から、ハウスメーカーのような工法や仕上げ素材などを選べるのが特徴です。
 会社によって得意な工法やデザインは異なりますが、間取りやデザインの自由度が高いという点も特徴です。

工務店のメリット・デメリット

メリット
・住んでいる地域や風土に適した家づくり自由な設計、デザインが可能
・担当との距離が近いので、対応などが言いやすい

デメリット
・工務店の技術や設計力をしっかりと調べる必要がある。
・土地探しや住宅ローン対応などが、自分で調べることになることもある。
・自由度が高いため施工期間が長くなる場合もある。

後悔しない!家の建て方

 とりあえず、家を建てたいって方には、ハウスメーカーの展示場を見に行ったほうがイメージもしやすいのでいいかもしれません。
 最近ではインスタグラムでいろいろな方が写真をアップしているので、そうゆうものを取り入れたい場や家づくりに強いこだわりがあり、一般的なデザインではないものを求める方は、自由設計が得意な工務店がオススメです。
 また、ハウスメーカーは建材や製品の規格を揃えて大量生産が可能であり、原価コストを下げることが可能ですが大きな住宅展示場の運営やテレビCMなどの広告費が建築費へ影響を与えていることもあえるので、同じ家を建てるなら、高額な広告費をかけていない工務店へ依頼するほうが安く住む可能性もあります。ですので、以下の点を家族などで話し合ってから決めることをオススメします。

なぜ家を建てたいのか?

 そもそも何故家を建てたいのかはしっかり家族で話し合うことが大切です。昔のように家を建ててようやく一人前みたいな古い考えは捨てたほうがいいです。家もつということは、それに付随する税金がかかってきます。土地や家の固定資産税や経年劣化によるメンテナンス等々しっかりと認識しておきましょう。そのうえで、それらの要因よりもメリットが上回れば自分たちも納得しているので家を建てて後悔しないと思います。
 私自身は、子供の小学校に行くというタイミングも踏まえて、賃貸をやめて家を建てようと妻と話し合いました。ハウスメーカーの住宅展示場を何回も見に行きましたし、いろいろな工務店さんが建てている知り合いの家なんかもうかがいました。
 最終的には、家族がいつも集まれる大きなリビングがあって、あとは寝るだけでいいてことと、木製リビングではなく、タイル張りのリビングにしたいという妻の要望から、ハウスメーカーではすごい値段でしたので、設計士を探して、そのお知り合いの工務店にお願いすることなりました。

最高予算額はいくらか

 例えば、3000万円、4000万円、5000万円は3000円、4000円、5000円じゃないです。
 すごいお金です。
 3000万円の3000円の減額も、3万円の3000円の減額も同じ3000円ということ忘れてはいけません。それくらいならではなくしっかりと認識しなければいけない要因です。
 あと、住宅ローンを組む人はしっかりと身の丈にあった返済を考える必要があります。毎月返済が月に使えるお金の25%くらいに抑えておかないと家のローンでいっぱいいっぱいになり、毎日質素なごはんと旅行なんかもいけなくなります。

まとめ

 理想と現実を両方体験できるのが、家づくりです。家は3回建ててようやく自分の理想近づけるといいますが、最近ではインターネットが普及しインスタグラムなどのSNSなどで経験談を確認できるので、一回目で理想的な家づくりができるかもしれません。

 しっかりと理想を話し合って、そのうえで、予算に応じて現実的な話をしていくのはハウスメーカーも工務店もどちらも変わりないと思いますので、自分たちの家をたてるならをまず考えて、どんどんいろいろなところをめんどくさいけど見に行ってください。


 だんだん、めんどくさくなるけども、あとで後悔したくないなら、めんどくさくなったら3000円ではなく3000万円とか意識したらめんどくさくても乗り切れるかもしれません。

 私の場合は、設計士と工務店にしたので、ここがよかったってことをまたブログでかければと思いますので、掲載時にはよかったら読んでみてください。

売主様から手数料が頂ける場合買主様の仲介手数料無料になります。

新規契約も!乗り換えも!インターネット選びをまるごとサポート!
【ネット回線トスアップ【お客様紹介】(業務提携)

コメント

タイトルとURLをコピーしました