クロスバイクかロードバイク どちらを買うべき?

ロードバイクでサイクリングライフスタイル
ロードバイクでサイクリング
スポンサーリンク

 コロナ禍で電車通勤をやめて自転車通勤などをはじめた人も多いはず。
 私自身も高校へは自転車で片道10キロを通っていました。最近では健康意識とスポーツ性に加えて、弱虫ペダルという漫画が人気となり、自転車に注目が集まっています。

 選ぶ時にクロスバイクとロードバイクどちらにしようかと迷うことも多いと思います。
 ロードバイクが高くて、クロスバイクが初めて買うならと思われるかもしれませんが、そうではありません。
 それぞれ乗り方や形状によって全く違った自転車なのです。
 今回は私自身がクロスバイクとクロスバイクを購入したことを踏まえてのその違いや所感をとりまとめましたので、よかったら自転車を買うときに参考にしてください。
 そして自転車ライフを安全に楽しんでください。

クロスバイク

 普段使いから軽い運動まで幅広く使える自転車
 クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクを融合させた性能を持つ自転車です。速く走れるようロードバイクの作りを踏襲しつつ、町中の段差やちょっとした未舗装路も安定して走れる太さのタイヤを備えており、ママチャリのようにカゴを取り付けることも可能であるためシティサイクルとして荷物を入れられ、通勤通学やお買い物に便利です。
 そのため、クロスバイクは多様な用途で使いやすい自転車です。

■ハンドル フラットバーハンドル
■タイヤ幅の目安 28~35C
■重量 10~13kg
■価格帯 5万円~10万円が人気の価格帯
■用途・目的 通勤・通学やお買い物段差の多い街乗りちょっとしたサイクリング

ロードバイク

 ロードバイクは自転車レースのために開発された走りに特化した本格サイクリング向けの自転車です。
少しでも速く長い距離を走るなど、本格的な走りを楽しみたい人におすすめです。
 しかし、運動に適した服を着たりと、通勤や買い物などの普段使いには不向きな面も多いです。
 弱虫ペダルでも主人公ははじめママチャリでロードバイクと競争していましたね。
 ママチャリとロードバイクではスピードが現実では格段に違いますね。ですので本格的に自転車をスポーツとして乗り、走りに特化したい人向けの自転車です。

■ハンドル ドロップハンドル
■タイヤ幅の目安 25c前後
■重量 10kg以下
■価格帯 相場は10万円以上
■用途・目的 自転車レース長距離のサイクリング峠や長い坂を登るヒルクライム



まとめ

 自分がどのように乗りたいかによって選ぶのがいいと思いますとりあえず安いからクロスバイクって感覚で選んでしまうとロードバイクがほしくなります。私自身がそうでした。

そうなれば、クロスバイクの金額をロードバイクに使うことができたら、カーボンフレームやシマノ105をアルテグラなどグレードアップもできます。

ちなみに、私は運動不足解消でかったクロスバイク 6万だったと思います。それに速さを求めてしまい、タイヤなどなど交換に8万かけてしまいました、、、、、

その後、ロードバイクは欲しくなり、結局購入、結構なお金を投入、、、しかしその分2台とも愛着をもつことができて大切に乗っています。

 自転車は軽いのがいいと感じるのは、山を登った時です。15キロを背負って登るのか、8キロを背負って登るのか、、、その差は歴然です。

クロスバイクは毎日の運動や通勤にはかなり適していると思います。私自身も自動車通勤ですが、週に2回くらい早起きして自転車通勤を楽しんでいます。

車では見えない景色や風を感じることができて、気分良く仕事ができるのとダイエットにもなります。

それと小さな頃の感覚で自転車に乗れば怪我、事故にあってしまいます。自転車は危ないのでその点をまた投稿します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました