コーヒーの美味しさって何?

美味しいコーヒーライフスタイル
美味しいコーヒー
スポンサーリンク

コーヒーの美味しさって何なのか

朝に美味しいコーヒが飲めるとテンションあがりますよね。どうせなら美味しいコーヒを飲めるようになれば良い1日になるのは間違いありません。

そこで今回はコーヒーの基本的なことをご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。


 いきなり結論ですがコーヒーのおいしさは4つのバランスで味が決まります。この4つのバランスが大切で自分の好みを探すことおすすめします。


1、 苦味 コーヒーの味の基本となるものです。
2、 キレ 余韻の残らないスッキリとした味わいがキレ
3、 コク 後味に残る濃厚なコーヒーの味わい
4、 酸味 フレッシュな酸味はコーヒーにはかかせないもの。

コーヒーを淹れる道具


■ポット・・・コーヒー専用のポットは、注ぎ口が細くなっていてハンドドリップするときに、お湯を少しずつ垂らしたり注ぎ入れることができ、おいしく淹れられる。これは私も使っているのですが、お湯がでるとことが細くないと淹れるのが本当にむずかしい。それとこれがあるだけでなんか上手に入れている感じがしますよ


■カラフェ・・・一度にたくさんのコーヒーを淹れて、人数文をカップに注ぎ分けたり、何度も淹れるのがめんどくさい便利。このケメックスは本当におしゃれで便利で重宝しています。お客さんがきたときもこのケメックスからカップに分けてもおしゃれに演出してさらに美味しさがアップするような気がします。


スケール・・・同じ軽量スプーンで量った豆でも、焙煎度合にほって重さが違うので要注意。しっかり才覚に重さを量って適量を淹れることが大切。

 量をしっかり測りたい人にはオススメですね。必ず必要あどうかであれば、本格的にコーヒーを入れていくひとであれば必要かもしれません。一応ありますがスプーンで入れています。


■サーモメーター・・・ドリップこーひを淹れるのに最適な温度は85度から95度くらい。適温を図ることでさらにおいしくなる。こちらも絶対必要かとあれば、本格的な人むけですね。あればかなりコーヒーの味にブレがなくなります。

ドリップ種類


ペーパードリップ
もっともポピュラーな淹れかたです。先ほどのケメックスを初め様々なものがあります。ちなみにケメックスは専用フィルターが必要です。それとのセットがこちらです。

ネルドリップ・・・生地を使って抽出する。ネルは水につけて保存ずることが大切。環境に優しい感じがしますよね。この入れ方もペーパードリップとはまたちがった味がするように個人的には感じます。

フレンチプレス・・・ガラスポットにコーヒー粉とお湯を入れて5分ほどまち、上からプレスすれば完成。この方法は個人的にはあまり好きではありませんが、アジアのどこかの国でコーヒー飲んだ時はほぼこの方法であったような記憶があります。


マキネッタ・・・直火にかけて蒸気圧で中のバケットに入ったコーヒー粉にお湯が通って、エスプレッソが抽出できる。豆の挽き方を細かくするのが特徴的で、エスプレッソが簡単に飲めます。牛乳と割ると本格的なカフェラテになりますよ

まとめ

今回は道具類の紹介でしたが、次回はそれぞれの淹れ方など紹介していきますので、楽しみにしていてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました