時間を無駄にしない方法と有意義な時間の作り方【厳選】

タイムイズマネーライフスタイル
タイムイズマネー
スポンサーリンク

 時間は一日24時間と決まっていますし、だらだら過ごそうが、忙しく過ごそうが平等に過ぎていきます。

 タイムイズマネーという言葉があります。この言葉はよく誤解されるのですが、「時は金なり」時間はお金と同じ価値があるという意味も間違いではありません。


 戒めの言葉ですので「時間はお金と同じく貴重なもの、だらだら浪費することなく有意義に使うことが大切である」ということなのです。



 お金はよく節約術はいろいろなサイトなんかで紹介されています。

 時間は普段から意識していないものですが、実がとても大切なものであることを自覚することそれが人生を豊かにすることにつながると考えています。

時間を管理する方法は、次の3つに集約される


、 前提として時間使用の実態を把握する。


2、 やることやらないことを整理する。


3、 やるべきことに時間を割り当てる。


4、 先延ばしを退治し、取り掛かる。

 当たり前のことですが、これがなかなかできないのが人間なんです。だから今回はその方法をご紹介していきたいます。

行動記録表

 これは自分も知らない自分の行動を知る方法です。

 行動を記録する技法であり、それを進める理由として、私たちは自分の行動を自分が信じているほどにはよく知っていないからである。
 私自身もこの技法を試している。初めてしたとき、驚くほど、自分の行動を覚えていないことが理解できた。

 ただただ一日を終えているのである。

 計画をする人は多いが、実態を記録する人は少ないものである。多くの人は何をするべきかを考えてスケジュール(計画)を組んでは挫折する。


 たとえば、ダイエットに失敗する人が、自分の体重やいつ何を食べているのかもよく理解していないように、タイムマネジメントに失敗するひとは、自分の一日の行動を把握していないのである。

①24時間を7日分一枚に記入できるタイプの未来の予定が書いてる手帳を用意する。
②1週間の行動を記録する。
③予定と記録を比較する。

メリット

 この技法はタイムマネジメントをするだけではなく、セルフモニタリングである自分の行動や認知や感情を自分自身で記録することを通じて、習慣化したい行動を増やしたりできるのである。

 つまり、自分の行動を記録すること自体が、行動を改善する効果を持っているのある。


 すべての行動をモニタリングするため、ほかのセルフモニタリングと異なる点としては、ターゲット行動のカウントや部分的な行動ではなく24時間の行動を対象にできることである。

デメリット

 何をしているのか記録することがめんどくさいところである。記録することが忘れがちになり、記録が抜け、行動記録を続けるモチベーションが下がるのである。

解決方法

解決方法としては、計画を立てているものを修正していくのが一番であり、継続性が向上する。

そうすれは、計画を立てることは人得意であるので、実績はその違いのみであるのである。

その点をクリアするには「継続」が重要である。その点は次の機会に投稿します。

■ポモドーロ・テクニック

 この技法は、基本単位となる1ポモドーロは25分の作業プラス5分の休憩からなる。

 25分で終了できるように時間のかかりそうなものはあらかじめ細分化しておく。

 その間に割込となることが起きるとやり直しとなる。

方法

①タイマーを25分間にセットし、作業を開始する。
②5分間の休憩は、作業に関係のないことをして頭の緊張をとく。
※メールチェックやスマホチェックも避けること
③4回ポモドーロを繰り返かえしたら、30分休憩をする。

1ポモドーロ(25分+5分休憩)
 ↓
2ポモドーロ(25分+5分休憩)
 ↓
3ポモドーロ(25分+5分休憩)
 ↓
4ポモドーロ(25分+5分休憩)
 ↓※1から4ポモドーロで2時間
30分休憩

効果

 ポモドーロ・テクニックは短時間の集中作業を繰り返すことで、一日のうち集中力の高い状態にいる時間を増し、知的生産性を高めることができる。一種のルーティンである。定着化をさせることで、習慣化することが可能である。

まとめ

 今回は、時間の作り方として、行動記録表とポモドーロ・テクニックを紹介した。時間を無限ではない。

 そのことを自覚するためには、二つの方法を実践してみることはオススメできる。
 歳を重ねると時間についてより価値が高くなる。

 そんなときにより質のいい時間を多くの人々がもてるようになればいい世の中になるはずである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました